FC2ブログ
 

油令 エンジン 10万キロ オーバー

油令 エンジン 10万キロ オーバー

画像1 003

スズキの油令エンジン10万キロ以上を走行したエンジンの部品になります

実走行で10万キロ以上のエンジンを分解整備する機会もそうそうないとおもいますので

じっくりと検品していきましょう~

クランクシャフトとコンロッドのブッシング(プレーンベアリング)ですが、わずかながら

あたりの強い部分はありますが見事なまでにコンディションのいい状態でした

理論上はエンジンの回転中は磨耗がゼロになりますが始動時(コールドスタート)は一番負担

がかかります、油圧が立ち上がる前にエンジンに火が入った直後又は瞬間ですね、

セルを回すことによってエンジンに火が入る前に稼動時と同じ油圧を発生させる装置(パーツ)

なんかができたらもっとエンジンの各パーツの寿命が延びるんじゃないかと考えたりします。

オイル交換(管理)重要ですよ・・・ 

画像1 006
ピストンもシリンダーとのクリアランスが適正だと首振りもほとんどなく再利用可能なくらいです。

カーボンの付着も適正な燃焼状態を表しております。

画像1 004
さすがにクラッチプレートは見事に焼けております、シグナルGPのやりすぎでしょうか?

もともとクラッチの容量不足と言うかんじなので走りかたで変化すると思われます。 続く・・・
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索