FC2ブログ
 

点検~基本整備 編

点検~基本整備 編

画像 744
最近では基本整備の大切さを痛感した人やプチ放置プレイを経験した人からの消耗部品の注文や問い合わせを
いただきます。(特に純正部品の欠品が出始めたZZRシリーズ)

ZX14も新車から数えますと もう8年目になりますのでそろそろ重要な部分のグリスアップ等も必要に
なってくるとおもいます

写真のZX14はノーマルエンジンなので「ハイカムを入れて遅くしてくれ~」と言う注文ではありませんが・・
基本整備のついでにバージョンUPパーツの装着です。


画像 595
お~っ とエアークリーナーが4年前の点検になっておりますが・・・



画像 602
リプレイスメントフィルター(DNA)が装着されておりますので正しい手入れを行えば再使用が可能です
まずは専用液で洗浄~水洗いへ~



画像 635
自然乾燥ののちフィルターオイルを塗布いたします



画像 643
車体装着前はシーリンググリースを塗って防塵対策(シールド)を向上させます



画像 646
装着完了~ 一般ツーリングメインに使用の場合ですが、走行距離にもよりますが最低でもラムエアー車は
6ヶ月~12ヶ月の間をめどに点検(洗浄)をされるほうが性能維持としては望ましいでしょう。


画像 632
プラグの交換はネジ部に齧り防止のペーストを塗布して装着します
長期間装着する予定ではありませんがへッド側のネジ部をいたわる目的でおこないます 
Cタイプになりますとオーバートルクで簡単にプラグが折れてしまいますのでペーストを塗布する場合は
締め付けトルクに用心いたしましょう・・・   
プラグは自分で交換しましたよ~ と言われるかたの
ほとんどがプラグGKも潰れてない状態の締め付けトルク不足が大半でありました。

基本整備こそ少しの機械経験で誰にでもできる作業なんですが正しく行うには専門知識が必要です
点検~整備と言う言葉がありますが誰がやっても同じ性能や機能にはなりません
油脂類やケミカル類や使う道具などもすこしづつではありますが進化しております。



画像 627
ブレーキフルードタンクも液面低下によるラバーの変形を点検いたします
CAP内にも水分がたまりやすいのでフルード交換を兼ねて洗浄いたします(かなりの水が溜まっておりました)



画像 607
フルード交換及びエアー抜き作業がおわりましたらブリーダーボルトの中に残っているフルードを
吸湿紙で吸い取ります、これを行こなわないと走行中にミストのように飛び散る場合がございます
このような作業は少年のころにプラモデル造りに熱中してきた者が得意とする行き届いた作業です。

                               次回に続く・・・ 

お問い合わせは MC.マディファイ 橋本 までご連絡ください

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索