FC2ブログ
 

水温 と 出力 の関係

水温 と 出力 の関係

画像 17722
今回は宇宙ゴマのコレクションを紹介いたします
宇宙ゴマに似てはおりますが、じつはサーモスタットの開弁タイミングのテストです




画像 17681
昔懐かしい理科の実験セットです





画像 17693
銀色のサーモスタットは熱していきますと約60度よりゆっくりと弁が開きはじめます





画像 17707
約72度でほぼ前開になりました。





画像 17727
こちらの金色のサーモスタットは約80度よりゆっくりと開弁いたしました
そして約88度くらいでほぼ全開になりました。

今回のテストの目的は以下の文章を参考にしていただければとおもいます。




画像 17270

画像 17267
私のZX-14Rでは車体の2ヶ所で同時に水温を測定しております。
シリンダーへッドの一番熱い箇所(サーモスタット付近)とラジエターを流れて通過した後の
冷却された水温を計測してサーモスタットの動きやラジエターの冷却能力(外気温や走行風)
を管理する事ができます。




画像 17667
水温と出力の関係はとても重要です。
ZX-14Rの場合ですとエンジンが一番パワーを発揮する時の水温はサーモスタット付近で約●●度です
熱量の多いZX-14Rの場合ですと1度上昇すると約1馬力づつパワーダウンしていきます
シャーシダイナモ上では水温の管理次第では10馬力以上の差になって現れます
エンジンの水温上昇に伴いA/Fデーターで判断するかぎりECUが燃料補正を行っているようです
なので高出力車のセッティングやパワー計測の場合は通常の風圧ファン+冷風クーラーも導入して
測定(セッティング)時の温度管理を行います

少しオーバーヒート気味かなと思うかたやラジエター容量の問題、又は適切なサーモスタットの選択、
色々なメーカーから発売されております水温降下を謳う悩ましい冷却水の問題などなどなど・・・
お悩みの方は是非、高出力研究所相談窓口「お悩み水温コーナー係」のほうへお越し下さい。 


お問い合わせはメインホームページよりお願いします。 http://madefai.com

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索