FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ZX14 試作機  ←ZX14 試作機 【--年--月】の更新記事一覧 →作業報告  作業報告
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

NINJA コスワース ピストン & BEET カムシャフト

NINJA コスワース ピストン & BEET カムシャフト

画像 19385
ZZR1100~ZRX1100系エンジンに使用いたしますコスワース79φピストンです
今回もWPC+MO2ショット加工をいたしましたのでグレーがかった鈍い輝きを放っております。



画像 19371
こちらはとても稀少なBEETのST-1とST-2のカムシャフトです再生産されましたが本数は少なく
とても稀少です、ZZR系エンジンでは抑えておきたいパーツの一つです



画像 19375
カムシャフトの場合、避けて通れないのがやはりこのようなカム山の囓りです
カム山の囓りに関しては最新バイクのエンジンでも確認したことがございます
なので色々なカム囓りを防ぐ対策部品が出ておりますが(もちろん効果はあるとおもいます)やはり
エンジンへの心配り(配慮)が一番重要だとおもいます
レースコース等ではよくある事なのですがプラグのかぶり除去やセッティング後のレスポンス確認を
行うためでしょうが始動直後にレーシングを繰り返す人・・・
昔の2サイクルではありません、気持ちが高ぶるのはわかりますが金属の膨張と水温・油温・油圧の
関係を理解した操作を行えば多少は防げるのではないでしょうか
昔のエンジンでしたらカムのオイルラインやバルブスプリングのテンション等、基本設計の見直しも
対策としては有効だとおもいます



画像 19397
今回はコスワース79φ 1137cc BEET ST-1 の組み合わせで GPZ900Rに搭載いたします。


お問い合わせはメインホームページよりお願いします ⇒ http://madefai.com


店長のブログ ⇒ http://madefai.com/blog.php

パワーチェックコーナーはこちら ⇒ http://madefai.com/power.php

                       
・ュ・」・搾ス・ス・ス・ス・ス・ス峨せ繝・ャ繧ォ繝シ_convert_20131103180234



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ZX14 試作機  ←ZX14 試作機 【2016年04月】の更新記事一覧 →作業報告  作業報告
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。