FC2ブログ
 

GPZ900R エンジン チューニング ポート研磨

GPZ900R エンジン チューニング ポート研磨

画像 22656
ポート研磨 エンジンチュ-ニングの代名詞のような言葉ですが
現在の量産車エンジンではライトチューンエンジン等では段付き修正研磨を行うくらいで大きくポート
の形状変更はしないほうがいいかもしれません  

ですが大幅な排気量変更やハイステージカムの変更に伴う高回転時の充填効率向上を考えた場合、
是非とも行いたいチューニングメニューの項目になります
同じ仕様のエンジンならばトータルパフォーマンスで差が付くのはまちがいありません



画像 22601
ポート壁の仕上げについては お仕事としてお引き受けしているのはヘアーライン仕上げまで です
排気ポートの鏡面仕上げ等は裏メニューで行こなっている個人仕様の作業になります




画像 22647

画像 22642
ポートの通路形状変更 又は 拡大均等化の場合はこのように径を加工した古バルブを利用します




画像 22632
加工したバルブを用いてこのように形状の確認と均等化を確認しながら削っていきます
4気筒の均等化とできるだけスムーズな流れになるようにイメージしながら 水冷エンジンの場合
はウオータジャケットに用心しながら大胆に素早く削りこんでいきます
ハイスペックエンジンに必要不可欠なオリジナルのシリンダーへッドを作るには大事な工程です

 お問い合わせはメインホームページよりお願いします    http://madefai.com
                                         ・ュ・」・搾ス・ス・ス・ス・ス・ス峨せ繝・ャ繧ォ繝シ_convert_20131103180234
お問合せの回答にはお時間を頂く場合がございます
長文の回答が必要な質問やメールでのお見積もりや金額の問い合わせには即時、対応できない場合もございます


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索