FC2ブログ
 

2019 NINJA H2 CARBON 300馬力仕様 コンプリート車両

2019 NINJA H2 CARBON 300馬力仕様 コンプリート車両

画像 15702
オリジナル制作のブーストアップチューニングを施した300馬力仕様のNINJA H2 CARBON
2019年モデルの新車をベースに制作したコンプリート車両のご紹介です

カワサキSSを代表するZX-10Rのような峠/サーキット最速と言うジャンルではございませんが
スーパースポーツに近いハンドリングと異次元の加速力を楽しめるパッケージングとして制作いたしました
他の機種では絶体に味わう事ができないmotoGPみたいな加速力を堪能できる1台に仕上っております


NINJA H2 (32) 実側値   

実測値計測、後輪 280馬力を記録しております(エンジン出力に換算しますと軽く300馬力オーバーです)
ブーストアップ効果により低回転より豊かなトルクを発揮しますので低回転のみで必要充分な
トラクションを得ることができます、スーパーチャージャー特有の回転数に応じたリニアなトルク特性です
全域パワーバンド感覚なので軽いアクセルワークとブレーキングのみでピッチングコントロールが可能です
同じ1000ccのマシンと比較した場合 回転を上げなくても充分な加速力が得られると同時にクランクシャフトの
回転ジャイロを低減しますので軽い倒しこみが可能になります、ワインディングを中心としたライディングでは
スタビリティのある軽やかなハンドリングでコーナーリングを楽しめます
最大の特徴であるパワーユニットは過給エンジンとして刺激的な興奮を与えるパワーを発揮します、
※(実測パワーウエイトレシオ:1)以下を目標に制作したコンセプトは公道を走れるH2Rを目指しました
最新電子制御を駆使すれば普通のライダーが安全にライディングを楽しむ事ができるのもこのオートバイの特徴です
さらにスキルに応じて回転を上げていけば自然吸気エンジンとは別次元の世界を堪能することができます
過給エンジン、賛否両論ございますが 唯一無二であり、弊社オリジナルチューンの300馬力仕様では
ストリートマシンとして過去に無い衝撃的なインパクトを与える事は間違いございません!

(※実測パワーウエイトレシオ=ガソリン満タンの装備重量÷後輪軸出力)





画像 15543
新型メーターのライディングログ機能は走行データーをスマートホンで管理/記録/確認する事ができます
ギヤーシフト、平均スピード、水温、吸気温度、エンジン回転数、最高速度、アクセレーション、エンジン稼動時間、
スロットルポジション、ブースト圧、ブレーキ圧、最大バンク角、 等をMAPの走行ルート上で記録していく簡単な
ロガー機能がありますので走行経路を利用したツーリングMAPをスマホで作成したり自分の走りと車両の
状態を記録確認できますので整備記録や走行データーの管理として活用できます。
いつどこで何キロのスピード違反をしてるかも記録されますのでロギングする場合は注意が必要です (^-^)/





画像 15547
H2SXのノウハウが投入された過給エンジン、2019年のH2 CARBON ですが
ダイレクト感はそのままにアクセレーションは大幅に乗りやすさが進化しております
低速域もかなりNAの感覚に近く、扱いやすくなっております  
以外に使えたのがレインモードです、レスポンスがソフトな中排気量みたいな感覚で操縦する事が可能です
疲れた帰路では意外と使えます





画像 15555
軽量なブレンボスティルマキャリパーに合わせて
チタンボルト及びチタンアクスルシャフト/マグタンJB-Kでバネ下の軽量化を行い、接地感の向上や
軽快な倒しこみでコーナーリングを楽しめるスポーツバイクとしてのハンドリングを目指しました





画像 15567
オーリンズリヤショックは油圧プリロードアジャスターを取り外し、XTRIGプリロードアジャスター
に変更しております、軽量化推進とテール周りのデザインを優先した選択です





画像 15583
NINJA H2 CARBON の特徴である フロントアッパーカウルに合わせてカーボントリムスクリーン
を装着してみました、ネジ穴等、取付精度も含めてマッチングは問題ございません





DSC_4621.jpg
各種ステージ別 ブーストアップは通常のハイオクガソリンで稼動できる点火時期及びブースト圧と燃圧
で各種設定致しております 
(各ステージ別エンジン仕様のブースト圧、ECU 等の具体的なチューニング詳細は別途御案内します)





画像 22807
過給エンジンでも充填効率を優先したファンネル形状は欠かせません
乱流制御でトルク(パワー)アップに貢献するパーツです





画像 15680
過給エンジン初年度よりメンテナンス及びチューニングノウハウを蓄積しております
来年度はGPZ900R及びNINJA H2の更なる人気の上昇が予想されます
来春発売予定のZH2も含めてカワサキ水冷4気筒及び過給エンジンシリーズ、
カスタム/チューニングを含めた技術整備に対応しております。
弊社では常に乗り物としてのバランス(走り、曲がり、止まる)を考えたカスタマイズを行こない
自らもH2オーナーとして自社コンセプトに磨きをかけた魅力ある車両作りを提供して行きます
画像 15638
■制作車両参考価格¥5.500.000円~
※車体(新車)を含む足回りのカスタムパーツ、エンジン及びコンピューター系のチューニングパーツ
組込みセッティングを含めたコンプリート車両の制作販売価格になります、選択するパーツやエンジンの
ステージ別仕様により価格は前後致します 


◆お問合せ電話 093-436-3375

◆お問合せメールは⇒ MC.madefai mail

 メインホームページはこちらからどうぞ    http://madefai.com
                                         ・ュ・」・搾ス・ス・ス・ス・ス・ス峨せ繝・ャ繧ォ繝シ_convert_20131103180234
◆フェイスブックページ ⇒ MC.madefai

◆インスタグラム ⇒ MC.madefai

◆ツィッター ⇒ mc.madefai
            
お問合せの回答にはお時間を頂く場合がございます
長文の回答が必要な質問やメールやお電話でのお見積もりや金額の問い合わせには対応できない場合もございます

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索