FC2ブログ
 

GPZ900Rニンジャ / ZRX1100 & GPZ1100  エンジンマウント方式

GPZ900Rニンジャ / ZRX1100 & GPZ1100  エンジンマウント方式

画像1 3487
GPZ900RニンジャにZRX1100及びGPZ1100のエンジンを搭載する時の加工KITのご紹介です
GPZ900Rと同じようにエンジンを強度メンバーに加えたダイヤモンドフレームとしてのマウント方式です
ダウンチューブやサイドのサブフレームは使わずに搭載する方式になります
シンプルなルックスになってしまうのでグッドルッキングなカスタムバイクには不向きかもしれませんが
職人LOOKな質実剛健なマウント方式になります
(写真はシリンダーへッドマウントの加工が終わった状態です、製品としての完成度を高める為にポート研磨
も施されております、最終仕上げはガンコートでペイントしてシリンダーへッドCOMPが完成となります)





画像1 3293
900ニンジャにはあってZRX1100やGPZ1100にはない、 耳 (ピース)を取付ます





画像1 3391
溶接は特殊な方法を用いて行います
まずは歪まないように特殊な治具と歪み対策を行い溶接をします、次に重要なのは振動や応力に対する
溶接強度です、強度確保も一体構造溶接を行いますので不安はございません
強度的に破壊される時はへッド本体がちぎれる時です





画像1 3392
補強パーツのフロントセンターバーKITが取り付けられる部位も同じ設工方法で溶接加工致します





画像1 3388
溶接はこのへッドの裏側にエンジンを強度メンバーとして確保するアイデアが隠されております
ロッカーアームシャフトがすぐ横を通っておりますので少しでも歪みますとシャフトが通らなくなり
ロッカーアームの作動に支障をきたしたり、溶接熱により面精度が落ちればオイル漏れにもなりますので
溶接工程は熟練した経験が必要になります





画像1 3395
剛性に影響するフロントセンターバーKITはターンバックル方式で自由長の調整ができます
フレームの個体差に合わせて隙間の調整が可能なので締めつけ応力の調整が可能です
エンジンを強度メンバーとして完全利用しておりますのでダイヤモンドフレームとしての
カッチリとした剛性感が得られます
(写真は仮組み状態です、本固定の場合はフロントセンターバーKITのボルトは面一状態になります)





画像1 250
ニンジャらしくダイヤモンドフレームとしてのエンジンマウント方式です
カスタムルックな外観にはなりませんがサブフレームマウント方式ではございませんのでオリジナル
ラジエターを使用したアンダーカウルの可能性やマフラーの選択幅も含め、一部ではオリジナルスタイルが
求められるこれからの時代のカスタムプランに応用できればと思います





画像 012
純正オリジナルのアンダーカウル仕様だけどコッソリと1100エンジンを搭載したい・・・又は
カッチリとしたステアリングへッド周りの剛性を確保したい、など
拘わりをシンプルに表現したエンジンスワップのマウントチューニングのご紹介でした

※フロントセンターバーKITはボルトオンKITではございません、精度追求の為フレームの個体差に
  合わせた現車合わせの溶接が必要になります(受注生産)

◆お問合せ電話 093-436-3375

◆お問合せメールは⇒ MC.madefai mail

 メインホームページはこちらからどうぞ    http://madefai.com
                                         ・ュ・」・搾ス・ス・ス・ス・ス・ス峨せ繝・ャ繧ォ繝シ_convert_20131103180234
◆フェイスブックページ ⇒ MC.madefai

◆インスタグラム ⇒ MC.madefai

◆ツィッター ⇒ mc.madefai
            
お問合せの回答にはお時間を頂く場合がございます
長文の回答が必要な質問やメールやお電話でのお見積もりや金額の問い合わせには対応できない場合もございます


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索